世界とつながる時代の子どもセキュリティ解説メディア

つながる世界の歩き方

LINEユーザなら要注意。知らない人と関わらない。2段階認証を設定する。

先日、こんなLINEが来ました。

 

LINE詐欺に遭遇しました

 

知らない人から急なLINEが来ました

 

ヤマト?かっこいい名前!

35歳で経営者?お金持ちそう!

え、フリーなの?!私もフリーです!偶然!(ハート)

アイコンのワンちゃんかわいい!(?)

 

別IDのLINEに連絡するように誘ってきます

 

社用携帯持ってるんですね!かっこいい!

社用携帯に返事したけど全然既読にならない〜(><)

きっとお仕事が忙しいんですね!

分かりました!プライベートLINEに連絡します!

待てないのでLINE ID探します!!!

検索するぞー。どれどれ

 

そこにはイケメンの写真が

 

 

きゃーイケメン!

友達追加!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、やるかボケ!

私は男です!長いノリつっこみさせるな!

LINEユーザであれば(おそらく)一度は遭遇することかと思います。

今までにたぶん3回くらい同様のメッセージが来たかな。たぶん。今では条件反射で「ブロック」&「通報」するので回数とか覚えていません。しかし今回はいいネタになると思って、ちょっとだけ続けてみました。

 

もう少し続けてみようと思いましたが、すでにそんなことをやっている人は世の中にたくさんいるみたいなので、これで終わりにしました。リスクもあるし。

参考:【LINE詐欺】佐藤さんから「知り合いかも?にいたので気になって連絡しました」と来たので釣られてみたお(netgeek)

 

詐欺にひっかかると

最終的にはメールアドレスを教えてと言われるらしく、教えると迷惑メールがたくさんくるようになるらしいです。

もう2年前から続いてるんですね。どうにかならんのかこれ。

知らない人と関わってはいけません。比較的分かりやすい詐欺なので無視するかブロックするなどして対策しておきましょう。

 

 

アカウントを乗っ取られる詐欺もあります

まあ、今回はレベルの低い詐欺だったのですが、世の中にはもっと巧妙な手口もあるわけで

参考:LINEの「乗っ取り」被害に遭った人がその手口を詳細に公開 「しまったと思った瞬間アカウントが凍結された」(ねとらぼ)

犯人はFacebookメッセンジャーでやりとして、被害者から携帯電話番号と認証コードを聞き出しています。

 

実際の知り合いからこんなメッセージ来たら信じちゃうかもしれませんね。

でもさすがに携帯電話番号と認証コード教えたらアウトでしょ…

 

認証コードを教えるとアカウントを乗っ取られます

犯人のスマホでLINEを起動してログインしようとする際に、被害者から聞いた電話番号を入力すると「認証コード」入力を求められます。この「認証コード」は被害者のスマホに送られているので、被害者から「認証コード」を聞き取ればLINEに犯人がログインできてしまいます。

 

アカウント乗っ取りへの対策

2段階認証を設定しましょう。今回はたまたまLINEでしたが、他のSNSでも同様の乗っ取りはありえます。

2段階認証を設定していない各種アカウントでは、メールアドレスとパスワードが分かるだけで誰でもログインが可能なものがあります。私のメールアドレスを知っている人はいくらでもいます。知られていないのはパスワードだけです。パスワードは多少複雑なものにしていますが、何度もアタックされたら突破されてしまうかもしれません。2段階認証を設定することで、このリスクを回避しています。

過去にFacebookの2段階認証設定について紹介した記事があります。他のSNSでも似たような設定ができるので、特に乗っ取られると危険なアカウントは設定しておいたほうがよいです。

 

みなさん気を付けましょう。2段階認証設定は必須です!

 

※詐欺アカウントの画像はもちろん本人の画像ではなく、芸能人や一般人の画像を利用している可能性が高いため、目元を隠した処理をしております。

 


  • Twitter履歴

  • アクセスランキング

  • 月別記事

  • Archives